PROFILE

増元幸司   Kohji Masumoto

 

 *履歴*   

 

 1968年8月 岐阜県飛騨高山生まれ

日本大学芸術学部写真学科卒業後、(株)扶桑社写真部勤務を経て、1999年7月に独立し、フリーランスフォトグラファーとなる。現在、主にファッション誌等の雑誌を中心に撮影活動中。

 

 

 *主な個展歴*

 

 1994年 8月   個展『屍体考』            (銀座ニコンサロン)

 1997年11月   個展『屍体考2』           (銀座ニコンサロン)

 1998年 6月   『第4回ヤングポートフォリオ』出品

                         (清里フォトアートミュージアム)

 1999年 6月     『島村/増元 二人展』           (ギャラリー檜、銀座)

 2001年 2月   個展『日常、そして屍体』      (銀座ニコンサロン)

 2001年10月   個展『超屍体考展』                  

                                                           (日本博物館、ハンガリー共和国 フゼシュジャルマト市)

 2002年 6月   個展『超屍体考展 in ルーマニア』

        (アラニヤーノシュメモリアルミュージアム、ルーマニア、サロンタ市)

 2002年10月   個展『超屍体考展 in スロヴァキア』

               (コマールノギャラリー、スロヴァキア共和国、コマールノ市)

 2003年 1月   『第8回ヤングポートフォリオ』出品    

                                                                                                    (清里フォトアートミュージアム)

 2003年 5月   個展『超屍体考展 in ルーマニア 2003』

          (オラデアコンテンポラリーギャラリー、ルーマニア、オラデア市)

 2004年10月   個展『せつなさを纏って屍体へと向かう』(銀座ニコンサロン)

 2010年10月   個展『屍体考。それからノ其の伍』        (新宿眼科画廊)

 2011年 7月   グループ展『写真による』出品    (ギャラリー檜、銀座)

 2014年 8月     『原点を、永遠に。』出品        (東京都写真美術館、恵比寿)

 2015年 3月  『APAアワード 2015・写真作品部門』入選    (APA本部ギャラリー)

 2015年 6月 『増元充・幸司 二人展(兄弟展)』      (ギャラリー松華堂、飛騨高山)


 現在は新テーマの『存在考』を制作中。